メニュー

院長ブログ

『心不全治療』2022年1月26日南加賀学術講演会(2022.01.06更新)

南加賀(小松市、加賀市、能美市)学術講演会 2022年1月26日

特別講演『心不全合併心不全患者におけるARNIへの期待』

公益財団法人 心臓血管研究所 所長 山下 武志先生

座長 小松市民病院 循環器内科 診療部長 東方 利徳先生

サクビトリルバルサルタン(商品名 エンレスト)= ARNI (Angiotensin Receptor Neprilysin Inhibitor) を中心に心不全治療をテーマとして勉強しました。

 

  • かつて、心不全の治療薬は、利尿剤とジギタリスしか存在しなかった。
  • その後、ACIの登場によって心臓死は約20%低下した。
  • さらに、ベータブロッカーの登場によって約35%低下した。
  • さらにMRAによって約22%低下した。
  • さらに、今回登場したARNIをACIに変わって使用することで心臓死は約20%低下した。
  • 2014年のPARADIGM―HF試験はARNIがACIと比較して心不全治療に有意に効果があることを示す活気的なものであった。
  • ARNIの効果は個人差が大きい。約4分の1の患者さんはARNI投与後、BNPが著明に低下する(著効する)。ANP分泌の程度が影響していると考えられる。
  • 一部の患者さんはANP分泌不全の状態にあり、これが心不全悪化の要因となっている。
  • ARNIは、ブラジキニンやGLP-1濃度も上昇させる。
  • そのため血糖値を下げる効果もある。また、尿酸値低下も期待できる。
  • ARNIは心不全死を低下させるが、心臓突然死(不整脈)も減らすと考えられる。
  • 心房細動患者の約半数は心不全の状態にある。
  • 心不全患者さんの91%は高血圧が先行している。つまり血圧を低下させることが心不全の予防になる。
  • 高血圧を治療するなら血圧はしっかり下げる。(理想的には120台/70台まで)
  • ARNIは、心不全に加えて、高血圧治療薬としても適応追加された。
  • ARNIの半減期は約12時間。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME